韓国語の発音は難しい?発音が上手くなる方法を知りたい人におすすめの韓国小学生教材

投稿日:

韓国語の発音、難しい!」と感じたことはありませんか?

  • 日本語にはない発音。
  • カタカナで書けば同じなのに違う発音。
  • さらには、リエゾンなどで音が流れて変化したり・・・。

韓国語を目で学び、ある程度理解できるようになると、次に気になってくるのが「韓国語の発音」ですよね。

一発で日本人だとバレバレな韓国語の発音を上手にできたらなぁ・・・と感じる、そんな韓国語学習者にも参考にできるテキストが、こちら↓。


KBS アナウンサーが伝える 正しい韓国語使用説明書

「アナウンサー」といえば、どの国も共通で、言葉と発音のプロ
放送局の中でも、「KBS」といえば、日本でいう「NHK」にあたる局ですが、そのKBSアナウンサー室 韓国語研究会著のテキストが、この「KBS アナウンサーが伝える 正しい韓国語使用説明書」です。

実はこのテキスト、韓国の小学生向けに作られたテキストです^^。
そのため、韓国語学習中級者以上であれば読み物としても比較的楽しめる1冊です。

全部で5章からなる構成で、間違いやすい発音などのまとめも掲載されています。
KBSの番組を何度か見たことがある方であれば、お馴染みのアナウンサーの顔に親しみを感じてしまうかも?!

テキストには、付録としてKBSアナウンサーの正確な発音を聞きながら真似できる発音DVDがついています。(※リージョンフリーの環境で視聴可能)


2012年の出版本なので、気になる方は廃刊になる前にチェックしてみるといいかもしれません^^。

KBS アナウンサーが伝える 正しい韓国語使用説明書(付録:発音の動画DVD)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-韓国語書籍紹介

Copyright© 韓国語を学ぼう♪ , 2017 AllRights Reserved.